ロシアによるグルジア侵略反対!
グルジアの南オセチア軍事侵攻弾劾!

米ロ激突―世界大戦の危機を
突き破る国際反戦闘争を!

8・11 高田馬場駅頭で街頭情宣

 8月7日、ロシアとグルジアの熱戦が勃発した。米・露の角逐が激化しているまっただなかでひきおこされたこのロシア―グルジア戦争を引き金として、米・露激突―第3次世界大戦勃発の危機が高まっている。
 全学連は、「平和の流れ」幻想に浸り対応不能に陥っている日共系平和運動をのりこえ、ただちに高田馬場駅頭における街頭情宣をおこない、ロシア・グルジア戦争に反対する反戦闘争に決起すべきことを熱烈に呼びかけた。

オセチア独立をしかけるプーチン・ロシアによるグルジア侵略反対!
ブッシュ政権をバックにしたグルジア政権による南オセチア軍事侵攻弾劾!

米ロ激突=世界大戦の危機を突き破る国際的反戦闘争を!


 すべての労働者・学生のみなさん!
 8月7日、グルジアのサーカシビリ政権は、ロシア首相プーチンが北京オリンピック開会式出席のために中国を訪問しているタイミングをねらって、南オセチア自治州にたいする軍事侵攻を突如として強行した。これにたいして、ロシアのプーチン=メドベージェフ政権は、ロシア軍戦車部隊を南オセチアに進撃させ州都ツヒンバリを制圧するとともに、グルジアの首都トビリシや中部・黒海沿岸の軍事拠点にたいする猛爆撃を強行している。まさにいま、グルジア全土は戦場と化している。この数日間の戦闘によって数千人もの人民が殺害され、その数はますます増えつづけている。
 勃発したこの戦争、とりわけプーチン・ロシアによるグルジアへの大規模攻撃は、米ロの激突=世界大戦勃発の危機をいやましに高めている。グルジア・サーカシビリ政権のバックにはブッシュ帝国がおり、現にグルジアには米軍事顧問団が駐留しているのであって、ひとたび米ロ両軍が激突するならば、米─ロの熱核戦争に突入しかねないのだ。
 想起しよう! かつてサラエボにおいてセルビア人青年が放った一発の銃弾が第一次世界大戦の引き金となったのだということを。まさにいま、グルジアによる南オセチア侵攻を〃サラエボの一発〃として第三次世界大戦がひきおこされかねないのだ。
 すべての労働者・学生のみなさん! もはや一刻の猶予もない。私たちはいまこそ、プーチン・ロシアによるグルジア侵略に反対し、グルジア・サーカシビリ政権による南オセチア軍事侵攻を弾劾する闘いに起ちあがろう! 米ロ激突=世界大戦勃発の危機を突き破るために、全世界の労働者人民と連帯して国際的な反戦闘争を大きく巻きおこそう!

◆高まる世界的戦乱勃発の危機

 今回のグルジアによる南オセチア侵攻とこれにたいするロシアのグルジア軍事侵略は、ブッシュのアメリカによる「一超」世界支配の全面的崩壊──イラク・アフガニスタンにおける軍事占領の破産=中東制覇策動の全面的破綻、「ドル体制」崩壊の危機、そしてアメリカの「NATO東方拡大」策動の破綻など──と、これに乗じて旧ソ連の版図復活を策すプーチン=メドベージェフのロシアとの、政治的・軍事的角逐の激化のまっただなかでひきおこされた。
 このかん、ブッシュ政権が「民主化の輸出」政策によって親米政権をうちたててきたグルジアやウクライナをNATOに加盟させようとしたことにたいして、ロシアのプーチン=メドベージェフ政権は強硬に反対してきた。それだけではなく、ブッシュ帝国の没落のなかで、石油高騰を〃奇貨〃として「大国ロシアの復権」を果たしたプーチンのロシアは、逆襲にうってでた。親米サーカシビリ政権を揺さぶるために、グルジアにたいする石油・天然ガスの供給停止や農産物の輸入停止など戦時並みの経済制裁を強行するとともに、南オセチア共和国やアブハジア共和国の分離・独立運動をよりいっそうテコ入れしてきたのがプーチン=メドベージェフ政権にほかならない。
 このロシアの攻勢と「一超」アメリカの没落のもとで、しかも南オセチア自治州の大統領にいわゆる「分離独立派」のココイトゥイが就任するという事態のなかで、焦りにかられたサーカシビリ政権は、みずからの政権の延命をかけて南オセチアへの軍事侵攻という〃賭け〃にうってでたのだ。
 これにたいして、このグルジア侵攻を〃絶好の機〃ととらえ、オセチアを独立させ、親ロ国家をうちたてることを策して、全面軍事侵略を強行しているのがプーチンなのだ。みずから南オセチアに隣接する北オセチア共和国にのりこんで陣頭指揮しながら。このプーチンの意志は、ロシア黒海艦隊をグルジア沖に派遣し、海上封鎖の態勢をとっていることにもはっきりと示されている。
 しかも、グルジアはアメリカがカスピ海油田の原油をロシアを経由せずに地中海に運ぶために創設したBTCパイプラインの要衝であるがゆえに、今回のオセチア独立をめぐる戦争は、米─露・中の石油資源争奪戦ともからみあっているのであって、まさしくこのゆえに世界的な戦争勃発の危機はよりいっそう高まっているのだ。

◆全世界の労働者人民と団結し革命的反戦闘争を

 私たちはこうした米─露・中の戦争勃発の危機を突き破るためにいまこそ起ちあがろう。「平和の流れ」などという幻想にまどろむ日本共産党系の既成平和運動をのりこえ、全世界の労働者・人民と連帯し、国際的な反戦闘争の爆発をかちとろう!
 同時に私たちは、原子力空母「ジョージ・ワシントン」の横須賀配備反対、新テロ特措法の期限延長反対、米─中・露の新たな核軍事力増強競争反対の反戦反安保闘争、消費税増税と社会保障制度改悪に反対する政治経済闘争、米日─EU─中ロ新興諸国連合の三極間の新たな環境=経済戦争に反対する闘いを創造し、〈戦争・貧困・飢餓・環境破壊〉に抗してたたかう全世界の労働者人民と団結してたたかおう! (8月11日)

back